FXぎ世į•Œã¯é­”į‰ŠãŸãĄãŽåˇŖįĒŸã§ã‚る。

ã“ãŽč¨€č‘‰ãŒã‚ˆãäŧŧ合う。

ãĒぜãĒら、投čŗ‡ã¨ã¯ã€ä¸–į•Œã€ãã—ãĻ、č‡Ē分とぎæˆĻいぎ場だからである。

さãĒがら、ãƒĒã‚ĸãƒĢぎīŧ˛īŧ°īŧ§ã¨ã„ãŖãĻã‚‚éŽč¨€ã§ã¯ãĒい。

FXãĢは魔į‰ŠãŒã„るとčĻšæ‚Ÿã›ã‚ˆã€‚

投čŗ‡ã€ã¨ã‚Šã‚ã‘FXはæ Ēåŧã¨ä¸Ļんで参æˆĻしやすい。

ãĒぜãĒらそこら中ãĢæƒ…å ąã‚„ã€å…ĨåŖがあるからである。

そしãĻã€å°‘éĄã‹ã‚‰å¯čƒŊ、äģ•įĩ„ãŋがį°Ąå˜ã§ã‚ると、å…ĨりやすいようãĢäģ•įĩ„ぞれãĻいる。

ただしåŋ˜ã‚ŒãĻはいけãĒい。

å…Ĩりやすい、äģ•įĩ„ãŋがį°Ąå˜ãĢもかかわらず、ãĒぜ、95%ぎ参å…Ĩč€…ãŒé€€å ´ã‚’äŊ™å„€ãĒくされãĻいるかを。

īŧĻīŧ¸ãŽä¸–į•ŒãĢはいくつもぎ魔į‰ŠãŒã„る。

æŦ˛æœ›ã¨ã„う魔į‰Šã€‚
į›¸å ´ã¨ã„う魔į‰Šã€‚
芐æŦēという魔į‰Šã€‚
そぎäģ–大å‹ĸぎäŊ•ã‹ã€‚

それが、īŧĻīŧ¸ã¨ã„う大æĩˇåŽŸã§ã¯ã†ã”めいãĻいる。

FXãĢはæ­ŖしいįŸĨč­˜ãŒåŋ…čĻã ã€‚

そう、一į•Ēぎ退場ぎį†į”ąã€‚
それはæ­ŖしいįŸĨč­˜ãŽä¸čļŗである。

æ­ŖしいįŸĨč­˜ã‚’ã¤ã‘ãĒければ、ただぎ゚ナイムãĢすら勝ãĻはしãĒい。
芐æŦēやį›¸å ´ãĢやられãĻしぞう。

į”¨čĒžä¸€ã¤ã¨ãŖãĻも、ただぎį”¨čĒžã˜ã‚ƒãĒいかと䞎るãĒかれ。

そぎį”¨čĒžãŽčŖãĢある意å‘ŗぞでčĻšãˆãĻいるぎとįŸĨらずãĢäŊŋうぎとではč¨ŗが違う。

į”¨čĒžč§ŖčĒŦã¯ã“ãĄã‚‰ã‚’čĻ‹ãĻくれ。→į”¨čĒžé›†

į”¨čĒžãŽäģ–ãĢもチãƒŖãƒŧトぎčĻ‹æ–šã‚„、ロãƒŧã‚ŊクčļŗぎčĻ‹æ–šã€å‚žå‘ãĒお始める前ãĢčĻšãˆã‚‹ãšãã¯åąąãģおある。

そぎčžēりもぞとめãĻおいたぎでそãŖãĄã‚’čĻ‹ãĻくれ。→チãƒŖãƒŧトぎčĻ‹æ–šã€ãƒ­ãƒŧã‚Ŋクčļŗパã‚ŋãƒŧãƒŗ(æē–備中)

通貨ãĢも、それぞれ性æ ŧがある。

æ°—æ€§ãŽč’ã„ãƒ¤ãƒ„ã€æ™ŽæŽĩįŠã‚„かãĒだけãĢčĒ°ã‹ãŽä¸€č¨€ã§å¤§ããč’ãļるヤツ。

åŋ˜ã‚Œã‚‹ãĒã€‚é€šč˛¨ã€ãƒãƒŖãƒŧトはį”Ÿãį‰Šã ã€‚

æ­ŖしいįŸĨč­˜ã¯ã€åŋ…ずやč‡Ē分を厈るį›žã¨ãĒり、į›¸å ´ã‚’䚗りこãĒã™čˆšãĢãĒるはずだ。

FXãĢã¯å†ˇé™ãĒ判断がåŋ…čĻã ã€‚

å†ˇé™ã•ã‚’æŦ ã„ãĻはãĒらãĒい。

å†ˇé™ã•ã‚’æŦ ã„たら途įĢ¯ãĢį›¸å ´ã¨ã„うæŗĸãĢぎãŋæˇˇãžã‚Œã‚‹ã€‚

そぎ中ãĢいる、æŦ˛æœ›ã¨ã„う魔į‰ŠãĢやられãĻしぞう。

į›¸å ´ã¯å¤§ããĒæŗĸだ。さざæŗĸぎこともあれば大きãĒæ´ĨæŗĸãĒことすらある。

さざæŗĸã¨æ˛šæ–­ã—ãĻいたらį›ŽãŽå‰ã§ã¯ã€æģãŽã‚ˆã†ãĒ下čŊが垅ãŖãĻいることもある。そぎ逆もぞたしかりだ。

そしãĻ、そぎ中ãĢã„ã‚‹åˇąãŽæŦ˛æœ›ã¯é­”į‰Šã¨ãĒãŖãĻおそãŖãĻくるだろう。

æŦĄãĢäŊ•ãŒčĩˇã“るかはãŖきりわからãĒã„č’æŗĸぎ中で、č‡Ēåˆ†ãŽã„ã‚‹å ´æ‰€ã‚’å†ˇé™ãĢæŠŠæĄã—ã€æŦĄãŽäē‹æ…‹ãĢæˇĄã€…ã¨å‚™ãˆã‚‹ã€‚

それこそが、į”ŸãæŽ‹ã‚‹ãŸã‚ãĢåŋ…é ˆãĒことである。

FXãĢはčĢĻめãĒいåŋƒãŒåŋ…čĻã ã€‚

į›¸å ´ãŽč’æŗĸãŽä¸­ã§å‹ãĄįļšã‘ることは、æąēしãĻčĒ°ãĢもå‡ēæĨはしãĒい。

おれだけぎåŧˇč€…であãŖãĻã‚‚ã€æ‰‹å‚ˇãŽä¸€ã¤ã‚„äēŒã¤ã¯åŋ…ãšč˛ ã†ã€‚

これからå…ĨろうとするもぎはãĒおぎこと。

ãŠã‚Œã ã‘č‰¯ã„é˜˛å…ˇã‚’ã¤ã‘ãĻã‚‚ã€ãŠã‚Œã ã‘č‰¯ã„å‰Ŗを持ãŖãĻも、がむしゃらãĢæˆĻãŖãĻいたぎではすぐãĢäŊ“力がåē•ã‚’įĒãã€‚

では、čĢĻめるぎかīŧŸåĻīŧ

čĢĻめたぎでは初めからやらãĒã„æ–šãŒč‰¯ã‹ãŖたというįĩčĢ–ãĢč‡ŗる。

ãĒらおうすればよいか。

čĢĻめずãĢäŊ“力(čŗ‡į”Ŗ)を渊存し、į”ŸãæŽ‹ã‚‹ã™ãšã‚’å­Ļず。

訓įˇ´(デãƒĸトãƒŦãƒŧド)でįĩŒé¨“ã‚’įŠã‚“だからといãŖãĻæ˛šæ–­ã‚’ã™ã‚‹ãĒ。

原æˆĻではč‡Ē分ぎäŊ“力(čŗ‡į”Ŗ)が削られる。

čēĢを切られるį—›ãŋはåŖŽįĩļだ。

čĢĻめãĒいためãĢį”ŸãæŽ‹ã‚‹ã™ãšã‚’手ãĢå…Ĩれ、多少ぎį—›ãŋãĢもæ…ŖれãĻおけ。

FXãĢはčĢĻめるåŋƒã‚‚åŋ…čĻã ã€‚

先ãĢčĢĻめるãĒã¨č¨€ãŖたばかりだが、過äŋĄãŽčĢĻめぎæ‚ĒさはčēĢをæģ…ãŧす。

æˆĻえãĒいį›¸æ‰‹ã‹ã‚‰ã¯é€ƒã’ろ。

éƒŊåˆãŽč‰¯ã„é€†čģĸ劇はおこãĢもãĒい。

あるぎは逃げずãĢæˆĻãŖた先ãĢあるį ´æģ…だけだ。

į›¸å ´ãŽč’æŗĸぎ中でæˆĻう際、æˆĻ友はいãĻã‚‚ã€å…ąãĢæˆĻãŖãĻはくれãĒい。

åĻã€å…ąãĢæˆĻうことはできãĒい。

ãĒぜãĒら、あくぞでも投čŗ‡ãŽä¸–į•Œã¯ã‚ŊロプãƒŦイをåŧˇčĻã•ã‚Œã‚‹ä¸–į•Œã ã‹ã‚‰ã ã€‚

とはいえ、åŧˇč€…ぎ垌をついãĻčĄŒãã€æˆĻい斚、æŗĸ䚗りぎ斚æŗ•ã‚’å­Ļãļことはできる。

å°‘ã—č„ąįˇšã—たが、ここでäŧãˆãŸã„ことは、æˆĻえãĒいį›¸æ‰‹ã¨ã¯į„Ąį†ãĢæˆĻうãĒ。

įœ ãŖた隙をつけ。

į–˛ã‚ŒãŸã¨ã“ろでæ€ĨčĨ˛ã—ろ。

äš—ã‚ŒãĒいæŗĸãĢは挑むãĒ。

įĩŒé¨“値がæēœãžã‚‹å‰ãĢ、ナイフがãĒくãĒãŖãĻしぞう。

遭遇しãĻしぞãŖãĻ寞åŗ™ã—ãĻしぞãŖãŸã¨ã—ãŸã‚‰ã€č‡´å‘Ŋå‚ˇã‚’å—ã‘ã‚‹å‰ãĢ、さãŖさと撤退するんだ。

もう一åēĻč¨€ã†ã€‚

åĨ‡čˇĄã¯čĩˇããĒい。垅ãŖãĻいるぎはãƒĒã‚ĸãƒĢでぎäē‹åŽŸä¸ŠãŽį ´æģ…だ。

 

īŊžįŦŦ1įĢ īŊžã€€įŦŦ一部 厌