年金が枯渇する?定年までに2000万が必要?え?それ以上!?

副業

「ちょっとまって。年金って枯渇するの!?」
「今まで払ってたのは何の為さ!!」
そんな方、いっぱいいそうだよね。。。。。

昨今賑わっている、年金と2000万円問題。

ここ最近、ニュースなどでわいわいしている、年金問題。

平たく言うと足りなくなるわけですね。

そのために老後95歳まで生きるには、各々2000万必要っていう試算結果が出ているそうな。

どういう計算で2000万円なのか。

これですが、いくつかの定義/仮説に基づいて計算されています。

  • 1、夫婦であること。
  • 2、65歳から受給され、95歳まで生きる。
  • 3、夫婦の収入がない。
  • 4、支給額は一定である。

以上の状態に対して、需給金額は「1世帯=21万円/月」家賃水光熱医療費などなどで「26万円/月」出費したとして、「-5万円/月」になります。

この赤字の「-5万円」を12か月x30年=360か月毎月かかるとすると、「1800万円」になり、ざっくりと2000万円必要になりますという結果になったそうです。

これはあくまで上の定義のもとで計算された場合なので、もし、年金の受給がもっと減れば、もっと必要になります。

そもそも、年金ってもらえるの??

これ、よく話題に上がるやつですね。

いま、年金を納めているんだから、もらえて当然だよね!って私も思っていますが、ではいくらもらえるんでしょうね。

私は今35なのであと30年あるわけなんですが、少子高齢化社会と言われていて、今では数人で一人の高齢者を支えている状態と聞いたことがあります。

世代交代はあるとしても、だんだん、一人で複数人を支える時代がやってくるんじゃないかなと思っているんですが、そうなった場合、もらえる額はとても少なくなるんじゃないの?と想像がつきます。

ですので、「年金はもらえるとは思う」が「今の受給者のような額でない」だろうな、、、と思いますね。

実際、今の受給者の方々も、どれくらいもらってるんだろうなっていう話ですが、、、

まぁ、今年金を払っている人は、年金という名の税金と思っておけばよいのかなと。

定年後までの2000万円について、現実的に計算してみましょう。

とりあえずは、貯蓄するしかないでしょうね、、、

老後のために、貯金や資産を形成しておくのが最善手です。

ということで、ここからが本題です。

今からどのくらい貯金する必要があるのか。

まず、目安を作らないとですね。

ということで、簡易的に計算。

ちょっと、2000万貯めてみましょう。

  • 1、65からあなたの年を引きましょう。
  • 2、その年x12か月をします。
  • 3、2000万を「2で計算した数」で割りましょう。

ちなみに私は今35歳なので、うえで書いた式通りにいけば、毎月6万ずつためていければ、65歳までには、目標額に達します。

皆さんはどうですかね?

今の自分たちの生活から捻出できるかを考える。

この2,000万問題、実はここが問題です。

ここで、私の月収晒すんですが、技術派遣で月平均21万円(残業込)程度の手取り収入です。

ここから、家賃5万円、保険料、水光熱、通信費などなどを抜いていくと、、、、

ん?6万??え???捻出、、、、?となります。

ちなみに、我が家は妻が妊娠中なので、現在わたし一人の収入で何とかしていて、さらにお子様が生まれる予定です。

まぁ、、、正直、余裕ないっすよね、、、、

どんだけ保険に!とか、電気代!とか言ってけば、なんとかな、、、るのか?とは思いますが、とりあえず、我が家ではさくっとは出てくる額ではないのが正直です。

皆さんはどんな感じでしょうね?

今から、貯金ができないと老後に生きていけない?!

ここまでで、あなたが老後までに貯めないといけない(と言われてる)額と、それを捻出するにあたって、どの程度月額足りないのかが見えてきました。

現状、上の計算で、余裕あるわぁって方は無駄遣いしないように、楽しく生きていけばよしと。

では、余裕無い方は、ガクブルしなきゃいけないのか?

あぁ、、、お金がないままで年金もでないとか、絶望しかない、、、どうすればいいんだ、、、、、それは違います。

というか、ガクブルしながら老後まで生きるなんてつまらないでしょ!

まずは、年金を、国を頼る、その考えから脱却しましょう。

そして、今払ってる年金は、税金もとい、自分の祖父母、ご両親のためと割り切りましょう。

そして、後ろは置いといて、前を向いてどうしたらいいか考えていきましょう。

年金があてにならないのならどうするの??

そうなったら、自分で何とかしなければいけないですね。

収入を増やす。

まずは、これ。この世の中、収入を増やす方法は結構多くあります。

仕事の掛け持ち、転売などの副業、ギャンブルなどなど、手段としてはたくさんあります。

問題はその中で「どんな手段選ぶのか」というのが運命の分かれ道になります。

手段は人を選びます。

自分の使える時間と相談の上、手段は選んでいきましょうね。

今後、そういうものを紹介していこうと思いますので、その時は寄ってってください。

自己資産に働いてもらう。

平たく言うと投資に回しましょうということです。

収入を増やそうとベクトルは同じですね。

これは、ある程度、貯金がある方にお勧めの方法です。

自分の時間をあまり使用せずに、自分の貯めていた、お金に働いてもらうってことですね。

お金というのは、正しく働かせると、利益を生み出して大きくなる性質を持っています。

とはいえ、リスクがないわけではないので、これも、自分に合った手段を取りましょう。

じゃないと、増えるはずだった資産が大きく減ることになります。

投資に関しては、別のサイトをやってますので、良かったら見てってください。

<<<朔良の投資>>>

海外へ移住する。

結構、突拍子もないことかもしれませんが、これも手としてはありです。

よくテレビで日本人の月収が海外の年収に近い国などを特集していますが、そういった国に移住してしまうのも、ベクトルとしてはありなのではないのかなと思います。

あくまで、手段の一つですからね。

今度、軽く見積もって記事にしてみましょう。

自分が国会議員になって国を変える。

冗談に聞こえますが、可能なことではありますよね。

不可能ではない以上、可能なはずです。

ただ、、、、どうすればいいかは別として。。。。。。

結果、自分の身は自分で守りましょう。

結果、こうなるわけなんですが、泣いても笑っても自分の人生です。

その時になって文句を言うのは誰でもできますから、まずは今どうしたらいいかを考えて、行動に移せる行動力、そして、結果を出して地力をつけるのが一番だと思います。

副業でも、投資でも、何でもですが、初めてもすぐに結果が出ないとやめてしまう人がたくさんいます。

極端な話ですが、赤ん坊は立つまでたとうとすることをやめません。

しゃべり始めるまで、しゃべろうとすることをやめません。

子供のころ、どうやっていろんなことを覚えましたか?

大人になるといろんな理由をつけて、続けることから逃げる人がたくさんいます。

なんでもかんでも続ければいいわけではないですが、続けられない状態になるまで無理したり、続けることにいらない限界を感じたりするのは、それこそ時間の無駄です。

大切なのは、続けられる状態をキープしつつ続けて、結果、身に着けること。

それが、やがて、経験になってあなたを助けます。

副業も投資も、失敗をしても逃げなくてよいようにやりましょう。

無理と無茶と無謀の違いをしっかり切り分けて、無茶をしないような人生設計をしましょうね。

ちょっと最後、お説教臭くなってしまいましたが、ツイッターの知り合いがだんだん減ってきたりとかすると、ちょっと悲しくなるので、こんなことを書いてます。

継続は力なり。ハードルは飛ばなくてよい。だって、競技でも何でもないもの。

あなたの人生は競争でできていない。

良くも悪くもあなたの人生にはあなたしかいないんですから。

家族を守ることも、あなたの人生であなたが行うことですからね。すべて自分。

 

そんなことをよく考えている、私です。

最後までお付き合いくださって、ありがとうございました。

それでは、次回の記事をお楽しみにー 

朔良

コメント

タイトルとURLをコピーしました